≪コンスタンシア版グラハムベック≫○ PG94点 TA93点 スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア SALE開催中 2018 750ml Range 白ワイン 正規品 Semillon Steenberg Flagship 南アフリカ ≪コンスタンシア版グラハムベック≫○ PG94点 TA93点 スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア SALE開催中 2018 750ml Range 白ワイン 正規品 Semillon Steenberg Flagship 南アフリカ 2348円 ≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点] スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア [2018] (正規品) Steenberg Semillon Flagship Range [白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml] その他 レンジ",Steenberg,Range,セミヨン,/recruit/junior-resident/,www.hip-hop.lt,"フラグシップ,Semillon,スティーンバーグ,≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点],(正規品),[2018],その他,Flagship,2348円,[白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml],コンスタンシア 2348円 ≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点] スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア [2018] (正規品) Steenberg Semillon Flagship Range [白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml] その他 レンジ",Steenberg,Range,セミヨン,/recruit/junior-resident/,www.hip-hop.lt,"フラグシップ,Semillon,スティーンバーグ,≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点],(正規品),[2018],その他,Flagship,2348円,[白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml],コンスタンシア

≪コンスタンシア版グラハムベック≫○ PG94点 TA93点 スティーンバーグ セミヨン

≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点] スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア [2018] (正規品) Steenberg Semillon Flagship Range [白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml]

2348円

≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点] スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア [2018] (正規品) Steenberg Semillon Flagship Range [白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml]



[グレート] Semillon
■セミヨンが語るドライ・サイドの魅力。これぞまさに
テキストブック。知られざる?南ア最古参の造り手から

【Steenberg Semillon "Flagship Range" 2018】

≪ セミヨンもお任せ下さい…南アに。 ≫


凄いセミヨンでした…。もしもセミヨンと聞いて、「パっと思いつく特定のお気に入り銘柄は特に無い」…と仰るならば、ぜひ一度当ワインをお試し下さい。甘口では、ありません。


あくまで「日本で」という括りにはなりますが、知られざる名作、というものを発見した際にはやっぱり売り手として興奮します。直近で最も驚かされたノーマークの南ア・ワイン、それがこの『スティーンバーグ』手掛けるフラグシップ・レンジの"セミヨン"でした。

南アのセミヨンには名作が少なくありません。『ノーデ』『ソーン&ドーターズ』『ブーケンハーツ』『アルヘイト』『ダーマシーン』『シャノン』etc...。

ただ、美味しいものは高価(上記で言えば、シャノンの4,180円、ノーデの5,060円が最安値/税込定価ベース)

また上質な品はちょっと小難しかったり、あるいはモノは良いけど長熟向きだったり…と、価格やキャラにややとっつきづらい部分もあり、これまで敢えて「コレ"だけ"は飲んでほしい!」と申し上げる事はなかったのですが、初めてそう思わせてくれたセミヨンが、このスティーンバーグの’18年でした。

そんなスティーンバーグは「泡の造り手」でも「新人生産者」でも「無名ワイナリ」でもありません。以下よりご紹介致します。

最古参の名門ですが、その知名度は?

上記で「あくまで日本では知られざる名作」云々と書いたのは、スティーンバーグが本国では非常に良く知られた名門だから。

日本でスティーンバーグといえば右画像のオレンジ・ラベルのスパークリングが有名…というか、ほぼそれしか知られていない印象ですが、ここの本来の姿は白のスペシャリスト。

セミヨンのみならず、ジャンシス・ロビンソン女史が著書の「The World Atlas of Wine」にて「最良」と述べたソーヴィニヨン・ブランもスティーンバーグのものでした。

新人でもありませんで、むしろ真逆。ファームとしての興りは、南ア最古のワイナリーである『グルート・コンスタンシア』『ボッシェンダル』の設立年である1685年よりも早い1682年を主張しており、最古参の一つになります。

さらに言えば、実はオーナーは『グラハム・ベック』。2005年に買収し、既に15年が経ちます。意外…の連続ですが、この美味しさの裏には、確かな歴史と大きな資本があるわけです。


▼スティーンバーグ(Steenberg)
まだ女性の権利がほとんど認められていなかった1660年代、「初めて南アに定住した女性の一人」とされる人物がカタリーナ・ラス。彼女が1682年に、後にグルート・コンスタンシアの創設者となる植民地初代総督のシモン・ファン・デル・ステル(Simon van der Stel)から土地を借り入れたことを起源とする造り手、スティーンバーグ。

その後、長らくラス家が所有するも、オーナーは点々とし、そして2005年4月にワイナリー、そして前JCL社所有の時代に再開発された併設ホテル、ゴルフコース、レストラン、プライベートホームといった不動産の全てを買収したのがグラハム・ベックでした。元JCルルーのElunda Bassonを新たなセラー・マスターとして迎え入れ、素晴らしいワインを造り続けています。

コンスタンシア地区は、南ア・ワイン発祥の地であると同時に、インド洋と大西洋が目の前に広がるロケーションから、一年中強い風が吹いて非常に冷涼。高標高の畑で栽培されたブドウには、キレのある酸味とエレガンスが備わり、素晴らしい白ワインが生まれます。

フラグシップ・セミヨン

スティーンバーグが「フラグシップ・レンジ」と呼ぶシリーズにあるこのワインは、冷涼なコンスタンシア地区の葡萄を用いた、混ぜものナシ、100%単一品種のクール・クライメット・セミヨン。

粘土質土壌の上に花崗岩が広がる、喜望峰周辺に形成された特有のテロワールのもと育った、二つのブロックからの果実を使用しています。平均樹齢は約25年ほど。

収穫後は除梗してから新樽と古樽を併用して発酵。10ヶ月樽熟成させたのち、瓶詰めまでステンレス・タンクで過ごし、2019年1月のボトリング直前に軽くファイニング。

採用は試飲して即決でしたが、調べてみれば、案の定高評価の連発。嬉しくもちょっと残念…もし下記両誌に未掲載であれば、今年の下半期MVPにしたかったな、なんて。

Platter's Guide 2020より 【PG94点

「Stellar example, 2018 leans towards the savoury side as discreet oak (fermented in large-format barrel, 35% new) adds wax, resin, lanolin to elegant orange blossom tangerine fruit. Lively acidity, excellently integrated, with more excitement to come.」

Tim Atkin South Africa Report 2019より 【TA93点

「This has always been one of my favourite Cape whites, and not just because I took it on a first date with my wife to be. Sourced from two blocks, this was a pre-release sample when I tasted it, with classic lanolin aromas, citrus and beeswax notes and well-handled, one-third new wood.」

試飲しました。【2020.6.16】

見事なセミヨンでした。私が知る限り、日本に入ってきている南ア産のドライ・スタイルで、「品質(美味しさ)」と「価格(コスパ)」と「飲み易さ(とっつきの良さ)」を最も高いレベルで併せ持ったセミヨンがスティーンバーグの’18年だと思います。

多彩な完熟南国果実の旨味のエキスを、清麗かつ繊細に表現。極めて高度な造りの技術を感じます。

高い糖度や果肉感を伴ったコクのある旨味に溢れていながら、穏やかで優しい上質な酸味が、このワインをどこまでも清麗でみずみずしく保ちます。

良い出汁がそうであるように、ピュアなのに実に味わい深く、良い出汁がそうであるように、素材の良さを思わせるのです。

ハニーを感じさせる大きな膨らみの香味の中に、優しいレモンや白桃、焼き林檎やマンゴー、さらにはブリオッシュやパインなど多彩な味わいがあり、それらは皆押し付けがましくなく、ナイーブで、エレガントで、高度な色彩があり、それらの調和の妙に痺れます。

同格のセミヨンはもっと高額ですし、また高額セミヨンにありがちなそっけなさも無く、(させても旨いでしょうが)熟成を待たずしていま美味しく楽しめ、万人向き。このような立ち位置にあるセミヨンを、私は他に知りません。

それは「意外」の連続。その品質に、歴史に、母体に、そして美味しさと知名度との乖離に「えっ!?」と驚く、サプライズ・セミヨンです。

■プラッターズ・ガイド94ポイント [★★★★☆]
■ティム・アトキン93ポイント

≪コンスタンシア版グラハムベック≫○[PG94点/TA93点] スティーンバーグ セミヨン "フラグシップ レンジ" コンスタンシア [2018] (正規品) Steenberg Semillon Flagship Range [白ワイン][南アフリカ][コンスタンシア][750ml]

日本語俗語辞書は俗語(若者言葉・新語・死語・流行語)の意味・関連語を解説した辞書サイトです。
俗語辞書内検索

日本語俗語辞書

Since:2005/9/1
最終更新:2018/12/4
掲載語数:2,425語

日本語俗語辞書とは

日本語俗語辞書は俗語・新語・流行語・死語・特定分野で使用されている隠語などの意味を辞書形式で解説し、さらに辞典形式で細かく解説している辞書サイトです。
よく「最近の若者の言葉(主に新語・流行語)がわからん」という中高年の声や「親父やお袋が面白そうに使ってる言葉(主に死語)の意味がわかんない」という若者の声を耳にします。それらを知らなくても生活に支障をきたすことはないでしょう。しかし、それらを知ることで世代を超えた人との会話にも幅ができ、一歩踏み込んだ交流が世界を広げるはずです。日本語俗語辞書がそんな会話をするためのひとつのツールとしてみなさんのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

Pick Up俗語!

メディア掲載情報&お知らせ